筋トレ・ダイエット効率化ブログ~イージフル~

筋トレで理想のBodyへ!

筋トレ 食事

牛乳・低脂肪乳・無脂肪乳それぞれのメリット・デメリット | 筋トレにおすすめなのは?

更新日:

牛乳は価格が安く、手軽にタンパク質が摂れるので、多くのトレーニーが好んで飲んでいます。

牛乳には低脂肪乳無脂肪乳があり、それぞれにメリット・デメリットがあるので、食事内容に合わせて飲み分けるのが良いでしょう。

牛乳のメリット・デメリット

牛乳のメリットは栄養補給という点で理想的な様々な栄養素が含まれているという点です。

まず、牛乳にはたんぱく質が含まれていますが、その8割はカゼインプロテインです。

このプロテインは、長時間満腹感を与えるので筋トレ後の食事量を抑えることができます。

また、アミノ酸を時間をかけて血流に供給するので、筋肉の分解を防ぐと同時に、筋肉の回復を効率的に行うことができます。

牛乳のたんぱく質の内、2割を占めているのはホエイプロテインです。

これにはバリン、ロイシン、イソロイシン(BCAA)が含まれています。

BCAAは筋損傷の疲労感の軽減、筋肉痛の軽減、持久的運動のパフォーマンス向上などの効果があることで知られています。

また、筋肉質の体を作るのには消化スピードの異なるたんぱく質を組み合わせるのがいいとされていますが、牛乳には消化が速いカゼインプロテインと消化が遅いホエイプロテインたんぱく質が入っているので筋トレには理想的と言えます。

牛乳には脂質も含まれています。含有量は100mlに対して2〜4gです。

脂質は男性ホルモンの原料になり脂溶性ビタミンの吸収を助けます。

牛乳のカルシウムは脂肪の燃焼量を増加させ、骨を強化します。

牛乳は全体の87%が水分で、水分は筋肉の回復を促進疲労を予防するのに役立ちます。

また、牛乳にはカリウム、ナトリウム、マグネシウムも含まれていて脱水を改善するのに役立ちます。

牛乳のデメリットは乳糖(ラクトース)不耐症の方が飲むと下痢をしてしまうということです。

また、牛乳にはカゼインとβラクトグロブリンが含まれていますが、これらに対してアレルギーを起こす人もいます。

症状は下痢や目のかゆみ、鼻水、咳、皮膚炎など様々です。

また、筋トレ後にプロテインを牛乳で割って飲む方もいますが、水で割る場合よりもたんぱく質の吸収が遅くなります。

プロテインを飲むとニキビ・腹痛・下痢になる2つ原因と対処法!

プロテインを飲むと必ず胃腸の調子が悪くなり、さらにニキビまでできてしまうという経験はありませんか? 実はそれは珍しいことでは無く、多くの日本人が同じような経験をされています。僕もそうです(笑) 今では ...

低脂肪乳のメリット・デメリット

低脂肪乳は生乳から乳脂肪分を取り除いたもので、脂肪分が0.5〜1.5%以下の牛乳を指します。

カロリーはコップ1杯あたり90kcalです。

普通の牛乳は約140kcalなので、カロリーはかなり低いというメリットがあります。

また、価格も普通の牛乳より安くなっています。

デメリットは普通の牛乳と比べるとコクが無いので満足感が得られず、多く飲みすぎてしまうことがあるという点です。

単純に不味いと感じる人も多いようです。

実際に僕も低脂肪乳の味は好きではないです。

ただ、価格が高い低脂肪乳は味が良い気がします。

無脂肪乳のメリット・デメリット

無脂肪乳は乳脂肪分が0.5%未満のものを指します。

脂肪が少ないのでカロリーも低くいというメリットがあります。

乳脂肪分以外の成分は普通の牛乳とほとんど変わりません。

デメリットは筋育を成長させるには脂質も必要なのですが、無脂肪乳には脂質がほとんど含まれていないという点です。

ボディービルダーやボクサーの減量期のような場合を除いては、完全に脂肪を絶つのは良くありません。

脂肪を摂らないと筋肉が成長しないばかりか、体調も悪くなってしまうでしょう。

ただ、普通の食事をしていれば脂肪の摂取量が少なくなることはほとんどありません。

なので、普段の食事で脂肪を摂りすぎている人は無脂肪乳がおすすめです。

もう一つのデメリットは、価格が高いということです。

価格順は

無脂肪乳>牛乳>低脂肪乳

メーカーにもよりますが、だいたいこんな感じです。

それと、無脂肪乳を売っているお店が少ないというのもデメリットですね。

健康的に痩せるための摂取カロリー計算式を分かりやすく解説!

食事制限でただ体重を減らすだけなら、何も気にせずに摂取カロリーを減らせば良いだけです。 しかし、「健康的に」「ストレス無く」「リバウンドしにくく」「長く続けられる」などを考えるのなら、ある程度知識をつ ...

筋トレにオススメなのは?

先ほど説明しましたが、筋トレにはある程度の脂肪の摂取が必要です。

牛乳の脂肪は飽和脂肪酸ですが、その中でも短鎖脂肪酸中鎖脂肪酸が多く含まれていて、これらの脂肪酸は体脂肪や中性脂肪として体内に蓄積されにくいという性質があります。

また、脂肪は筋肉の合成を促進する男性ホルモンを作るのにも必要な栄養素です。

脂肪が不足するとタンパク質を摂取していても筋肉を作りづらくなります。

さらに脂肪は細胞膜の材料にもなるので重要な栄養素です。

要するに牛乳の脂肪は良い脂肪ってことです!

なので、出来れば牛乳、脂肪が多い食事の時は低脂肪乳か無脂肪乳という感じがベストですかね。

まとめ

牛乳は筋トレと相性がいい食品と言えます。

トレーニングの前後に飲むと筋肉の合成を助けたり疲労を早く回復させることができます。

価格も安く、アレルギーや乳糖不耐症でなければ手軽に取り入れられる筋トレ向きの食品なので積極的に飲みましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

【2018年最新版】BCAAとクレアチン配合のHMBサプリ5選!併用摂取で効果アップ! 1

すぐに最強HMBサプリランキングを見る! 「早く筋肉をつけたい」「筋肉が落ちるのを防ぎたい」「筋肉の回復力を高めたい」 「もう、とにかく効率良く筋肉を増やしたい!」 僕もそうですが、男なら誰もが筋肉を ...

HMB配合プロテインオススメランキング 2

>>すぐにHMB配合プロテインオススメランキングを見る方はここをクリック!<< 筋肉をつけるのに欠かせないのが「タンパク質」。 そのタンパク質を効率よく摂取できるのがプロテイン ...

HMB配合量2000mg以上の筋肉サプリをまとめて比較してみた! 3

筋肉がつきやすくなることで話題のHMB。 HMB配合の筋肉サプリを選ぶ基準はいくつかありますが、最も重要なポイントは「HMB配合量」です。 もちろん「その他の成分」や「価格」「返金保証」なども大事です ...

筋トレをしているのに筋肉がつかない6つの原因と解決方法! 4

「筋トレをしているのになかなか筋肉がつかない」 このような悩みの人は結構います。 遺伝や体質ももちろん関係していますが、根本的にトレーニング法が間違っている方も多いです。 そこで今回は、筋トレをしてい ...

5

最近流行りの加圧シャツ。 似たような商品が多く、どれにするか迷っている方も多いはず。 機能面で見ると、正直どれも変わりません。 そうなると価格で選ぶしかありません。 そこで、安くて全額返金保証付きでオ ...

-筋トレ, 食事

Copyright© 筋トレ・ダイエット効率化ブログ~イージフル~ , 2019 All Rights Reserved.